越谷で風俗嬢をしている女性の思い

風俗の仕事はお金が魅力ですので、それを目あてに頑張って働いている女性も多いです。
ただし、風俗嬢になったばかりの頃は好きでもない男性に裸を見られたり性的なサービスを提供することに抵抗を感じて悩んだ経験のある女性も非常に多いのが実態です。
本来、男女の秘め事というのは好きな男女が行うのが理想ですので、その理想に目をつぶって不特定多数の男性に性的サービスを提供することに抵抗を感じるのは、ある意味当然ともいえるわけです。
ただし、考え方の目線を変えれば性的サービスの提供ということさえ克服出来れば、あまり特殊な能力がなくても高収入にありつける可能性が風俗嬢の仕事にはあるわけです。
フェラチオや素股に国家試験などありませんので、過去の男性経験などから男性に喜んでもらうプレイを自分なりに模索し、それで多くの男性に気に入ってもらえてリピートで本指名が増えていけば自然に収入は増えていきます。
要するに性的なサービスもビジネスと割り切って考えれば悩みのトンネルも抜け出せるということになるのです。
経験を積んでそれなりの収入を得ている越谷の風俗コンパニオンの多くは、このような葛藤も乗り越えて仕事をしているのです。

越谷能楽堂

越谷能楽堂は、地域の伝統文化活動の拠点として平成5年に開館しました。もともと、文化庁が「地域文化振興特別推進事業」を行っていましたが、それをきっかけに以降越谷市が独自に幅を広げ、続けられています。さまざまな能が上演されますが、季節によって「春の能」や「紅葉の能」などの公演も行われ、毎年8月には「こしがや薪能」がひらかれています。またこれらの他にも、市民が舞い歌う市民の能楽育成事業も推し進められ、市民が能を演ずるといった、地域に根付いた活動もされています。

 

越谷能楽堂は、能舞台のほかにも茶室や展示ホール、能を練習するための練習ホールなども完備されています。館内へ一歩足を踏み入れると、本格的な木造建築を目の当たりにすることができ、その素晴らしさを存分に楽しめるでしょう。厳かな雰囲気を肌で感じ、能の歴史や厳粛さを感じられる施設になっています。またこの越谷能楽堂の隣には「花田苑」という日本庭園があり、より日本の文化の良さを深く再確認することができます。ここには、美しい池を中心に風情ただよう石灯籠が置かれ、春には桜、秋には紅葉を楽しめ、他にも四季折々の草花を楽しむことができます。

 

越谷能楽堂と花田苑、このふたつの施設は越谷市民の地域コミュニティを支え、日本文化を伝える重要な役割を担っています。日本の伝統芸能である能と、趣ある日本庭園を眺め日本文化の素晴らしさを知れば、もっと日本が好きになるかもしれません。それを越谷で実感してみませんか。