若い男性が熟女風俗嬢に惚れてしまう理由

埼玉でも風俗に通ったことがきっかけで熟女女性の魅力にとりつかれてしまった経験を持つ男性も少なくありません。
埼玉にも30歳を超えてデリヘル店やソープに在籍しているコンパニオンがたくさんいますが、彼女たちファンは非常に多く、熟女系コンパニオンを揃えているお店は非常に繁盛しています。
若い男性が30歳を超えた女性にハマる理由の一つに彼女たちが持ち合わせている優しさがあります。
例えば20歳の男性の場合、それまでの人生で仲良くなる異性と言えば同じ歳か歳下の場合が圧倒的に多く、歳上女性と付き合う男性はごく一部というのが一般的な傾向です。
しかし成人して自分より10歳以上も歳の離れた風俗コンパニオンにサービスを受けた際、これまでに経験したことのない癒しを彼女たちから感じることで彼らは歳上女性の虜になるのです。
30歳を超えた女性はいろんな恋愛経験もしていますので痛みもある程度分かっていることから、10代や20代前半の女の子よりも当然ながら落ち着きもありますので、そういった点も若い男性を惹きつける魅力になっているのです。
このように日常ではあまり知り合う機会がない年齢層の女性にサービスをしてもらえる点も風俗遊びの醍醐味なのです。

越谷のうわさ

越谷のウワサと言っても、都市伝説のような本当かうそかわからない部分もあるのですが、越谷では多くの漫画作品のモチーフに使われている土地として知られています。特に隣町春日部市の特別市民に登録されたアニメキャラクター家族の話題に時折「西こしがや」という架空の町が出ているんですって。

 

このほかには、越谷駅という既存の駅から電車に乗ると架空の王国に到着するという漫画やとある漫画の主人公が越谷市在住というような細かいディティールに越谷の地名が使われていることもあるようです。なんでも、その漫画の原作・作画を行っている方が越谷市民で、自分の家の近所に住んでいるといううわさが定期的に立つのだそうです。越谷市を代表する巨大商業施設はもともと斎場だった場所を改装して建築されたらしく、心霊スポットとして知られているのだそうです。この付近で事あるごとに「呪い説」が浮上する場所として越谷の若い世代の方たちの間で知られています。

 

そういえば、どんなものでも「日本一」が多い埼玉県だけど、この中で越谷市大間野にあるエレベーターの試験タワーは大宮ソニックシティができる1988年まで建築物として埼玉県1番の高さを誇っていたんだそうです。また、公衆トイレや周辺整備に1億円の費用を費やしたとも言われています。トイレ整備に3千万、周辺整備に7千万掛けられたとか。多分当時の「ふるさと創生事業」で国から支給された1億円をこの整備に使用したのでしょう。当時は全国ニュースで取り上げられたのだそうですよ。